小夜ちゃん




小夜ちゃん

小夜ちゃん

(その他)】   2004/01/04 18:49

 新年あけま(ry
正月といえば神社、神社と言えば巫女さん、巫女さんといえば奇々怪界。
そんなわけで、巫女萌えの原点(たぶん)ともいえる、奇々怪界の小夜ちゃんです。
ちなみにデザインは、SFC版の月夜草子より。
SFC版は「謎の黒マント」と「月夜草子」が出ているのですが、ネットで検索したら月夜草子の方の資料がひっかかったんで、そっちを描きました。
でも、ゲーム的には黒マントの方が好きです(笑

さて、わからない人に説明しますと、奇々怪界は1986年にアーケードで登場した、巫女さんが主人公の見下ろし型アクションゲームです。
当時は巫女さんが主人公のゲームというだけで斬新だった中、その和風の世界観、秀逸なアクション、そして巫女萌えで一世を風靡しました(たぶん
そして、その後もぼちぼちとシリーズを重ね、SFC版が2作発売され、その後しばらく途絶えるも、GBA版が発売されたりと、根強い人気を誇っています。
小夜ちゃんの影響で巫女萌えになった人の数は、天文学的数字だとか。

このゲーム、基本的に主人公の巫女さんの小夜ちゃんがかわいいとか、敵キャラがやたらかわいいとか、とにかくかわいい雰囲気が盛りだくさんで、女子供にも人気がありそうなゲームなんですが…
内容はというと、異様に難しくて、そこそこのアクションゲーマーでもクリアできなかったとか。
ゆきはなんとかクリアしたんですが、何度挫折しそうになったことか(笑
クリアしたときは、もう狂喜ものでした(笑

とにかく、見た目もストーリーもかわいくて毒がないんですが、この圧倒的難易度にかかると、その毒の無さが逆に毒だったりするわけで。
シビアなゲームと巫女さんが大好きな人は、SFC版の「謎の黒マント」を強くおすすめします。
ちなみに「月夜草子」の方は簡単だという話がありますが、竜神にのっていくステージは、かなりありえない難易度で、「こんなんクリアできるか!」と、コントローラーたたきつけたくなったような(わかる人だけわかってくださいw
まぁ、月夜草子の方もなかなか面白いのでオススメです。

イラストの方は…たまには背景描いてみましたが…適当すぎですね、とほほw
小夜ちゃんの仲間に、タヌキの魔奴化(マヌケ)がいるんですが、めんどくさかったのでパスして、敵キャラのプカプカを描きました、相変わらずいい加減だ(笑
あと、小夜ちゃんの立ち方が変な気もしますが、ジョジョ立ちに比べればマシということで(笑




Warning: main(http://yukinyan.net/cg/wall-6.html) [function.main]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/yukinyan/www/cg/000077.php on line 85

Warning: main() [function.include]: Failed opening 'http://yukinyan.net/cg/wall-6.html' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php/4.4/lib/php') in /home/yukinyan/www/cg/000077.php on line 85






この情報を登録しますか?

(コメントは管理人の承認を得るまで掲載されません)





脱毛ブログのコンテンツへのリンクです。